未分類

【地方就活生必見】 東京と大阪どちらで就活すべき?

【地方就活生必見】 東京と大阪どちらで就活すべき?

地方在住の大学生にとって、「就職したい企業が地元では説明会や参考会を開催してくれない問題」は、就活がはじまる前から頭が痛い心配事です。

今回ご紹介するのは、全国各地に在住で、全国規模の企業に就活予定の学生の皆さん向けに、「説明会・選考会の2大開催地、東京と大阪、どちらを就活拠点にするか」について参考になる内容です!

地方で採用活動ってしないんでしょうか?

全国展開している大手企業に就職したい!とお考えの地方在住の大学生のみなさん、「自分の志望する会社は、どこで採用活動をしているか?」という情報について調べたことはありますか?

「全国展開しているんだから、地方都市でも説明会や選考会を開催してくれるよね?」と思い込んでいるなら要注意です。

実は、新卒を数百人規模で採用するような大企業でも、全国で選考会を行なうわけではありません。

開催可能性として比較的実施率が高いのは、「札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡」の6都市のみ。

「全国規模の多くの会社で、最終面接手前まで選考会会場として用意している」と言えるのは、「東京・大阪」の2会場です。

日本の大学生総数のうち、東京・神奈川・千葉・埼玉といった「東京圏」、大阪、京都、兵庫、滋賀、和歌山といった「大阪圏」の2エリアの学生で7割ちかくを占めます。

この2会場で、「十分な数の学生に会える」というのが実際なのです。気軽に足を運んでもらえるように、「説明会」までは主要都市で開催しても、選考は東京もしくは大阪へ、というケースが多くなります。

東京と大阪、結局どちらをメインに就活するのがいいの?

やっぱり大手企業の本社が多いのは東京だから、東京を拠点に就活した方がいいのかな?と考えている方、実は必ずしもそうではないのです。

一部、出版社や音楽レーベルなど、「そもそも勤務地が東京のみ」という企業を除いて、全国規模で事業展開しているほとんどの企業で「東京・大阪」の2都市ではほとんど説明会・選考会が開催されます。

最終選考は本社で、というステップまで進めば、交通費の実費が支給されるため、学生の負担は少なくてすみます。まずは自分の志望する企業が、昨年どこで説明会・選考会を開催したのかを調べてみましょう。

「地元からアクセスしやすい方を選ぶ」のがオススメ!

飛行機、新幹線、特急電車に夜行バス、フェリー。

全国各地を結ぶ交通手段はたくさんありますが、やはり地方ごとに、「アクセスしやすい都市部」がありますよね。

例えば広島の方なら、東京よりもやはり大阪のほうが交通費がぐっと安くなりますし、なにより「夜行バス」という学生の味方である格安な交通手段の便数が増えます。

西日本の方であれば大阪、東日本の方であれば東京がよりアクセスしやすいでしょう。 

「交通手段」だけではないオススメの理由が「配属先」です。

全国展開の企業を志望している時点で、「地元での就職を最優先に考えている方」ではないと思いますが、「できれば配属先が地元によりアクセスしやすいところがいい」と感じているなら重要です。

配属先を決定する際に、「選考地」を参考にする企業は少なくありません。逆に言うと、「東京(にアクセスしやすいところ)で働きたい!」なら東京で選考を、「大阪(にアクセスしやすいところ)で働きたい!」なら大阪で選考を受けるのがよいでしょう。

大阪で就職活動をするなら「就活シェアハウスCREWSO」

2019卒の就活本番がはじまる前に、生活の拠点を大阪に移したい!とお考えなら、今がチャンス。

この時期なら、長期利用・一日利用あわせて、総数15名の定員枠に余裕があります。

長期滞在利用の方が多くなる時期は、短期利用でのご利用に制限がかかることも。ベッドの場所が選べるのもいいですね。

「いつ面接に呼ばれても、泊まれる場所がある」という安心感を、すべての費用込み・月額45,000円で手に入れられるのは大阪ならでは!

シェアハウスの利点である、家具家電の購入や敷金礼金などの「余計な出費」が不要なうえ、大阪の中心梅田駅まで1駅という立地は現地で説明会や面接に足を運ぶときの交通費も節約できます。

東京の場合、オフィス街と一口に言っても範囲が広く、東京、新宿、飯田橋、渋谷、池袋など、拠点から移動のための交通費が意外とかかりますが、大阪であればコンパクトにまとまっているため、日々の交通費が節約できるというのが大阪就活の利点です。

なにより同じ「就活生」が身近にいることで、就活へのモチベーションアップにつながるのが魅力です。

「就活シェアハウス、CREWSO」卒業生のなかには、あなたが就職を目指す会社に一足先に入社した先輩もいるかもしれません。

あなたも、「大阪で、全国規模の企業への就職活動」にチャレンジしてみませんか?

空き状況のお問い合わせをお待ちしております!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。