未分類

【大阪国際大学の活動紹介】 外国人観光客のサポートボランティア

今回は大阪国際大学のボランティア活動の一例をご紹介します!

4月14日(土)~15日(日) にJR西日本関西空港駅にて実施決定!

大阪国際大学(大阪府守口市、学長:宮本郁夫)は、学生が身に付けた知識や語学力を活かしながら、外国人観光客の方たちに案内などのサポートをするボランティア活動「関西空港ボランティア(略称:AKV)」-Assisting at KIX as a Volunteer -の2018年度初回の活動を4月14日(土)~15日(日)にJR西日本関西空港駅にて実施します。

こちらの活動は、中国、台湾、韓国を中心に急増する海外からの観光客をおもてなしするため、電車の利用法やチケット購入など、外国人観光客の困り事をアシストするもので、2015年10月より関西国際空港内にて実施されていました。

2015年12月からはJR西日本関西空港駅周辺を中心に活動しています。

主な活動場所は、自動改札前、JR券売機付近の2か所となり、本活動には、「ボランティアバンク」に登録した学生が参加しています。

「ボランティアバンク」には、留学生を含むすべての学部学科の学生が参加可能です。

また実際に外国の方と会話することで、生きた語学に触れることができ、社会人・国際人に求められる知見や経験を体得する機会となっています。
2018年度初回の活動は、4月14日(土)~15日(日)にJR西日本関西空港駅にて実施いたします。当日は2018年4月に入学したばかりの大学・短期大学部の1年生も含め、15人の学生が参加予定となっております。

【関西空港ボランティア(AKV)-AssistingatKIXasaVolunteer-とは?】

学生が身に付けた知識や語学力を活かしながら、外国人観光客の方たちに案内などのサポートをするボランティア活動。

中国、台湾、韓国を中心に急増する海外からの観光客をおもてなしするのが狙いで、2015年10月より関西国際空港にて活動を開始。

同空港で初の試みとなりました。2015年12月よりJR西日本関西空港駅周辺に集中し、「社会人、国際人に求められる知見や経験、素養を体得する機会」として、大学・短期大学部を問わず、毎回15名前後の学生がボランティアとして参加し、「関西空港ボランティア(略称AKV)」-Assisting at KIX as a Volunteer-として活動中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。