未分類

【No.1】専門メーカー/ダイワアドテック株式会社さま(熊代琢社長インタビュー)

「訪問インタビューVol.1」にて、今回はダイワアドテック株式会社さまの熊代琢社長にお話を伺いました。

ダイワアドテック株式会社とは

ヨッシー

それではインタビューを始めさせて頂きます。

本日はインタビューにご協力頂きありがとうございます。

まずはじめに会社の事業内容から教えて下さい。

熊代社長

いえいえ若い方に興味を持って頂けるのは嬉しいです。

弊社は機械の部品主に設備のレベル出しをするためのアジャスターボルトを取り扱っておりまして、またそれを使った運搬台車ですね。

それを設計企画開発・製造販売まで行なっている会社です。

ヨッシー

商品の開発から販売まで一貫して取り組まれているんですね。次に会社の雰囲気を教えて下さい。

熊代社長

会社の雰囲気はですね、非常に若い人が多くて、明るくて、非常に仲が良いという事が特徴かなと思います。非常に風通しが良い会社だと思います。

ヨッシー

若いスタッフさんが多いのは非常に魅力的ですね。

今の社員さんや今後こうなって欲しいというイメージがあれば教えて下さい。

熊代社長

はい、今の社員に求める事というのはですね、自立性ですね。

「自ら考えて動いていく。」

それから決して楽な方で安全な方を求める、大変な方や苦しい方を求めて選ぶ。

それが自分自身の成長にも繋がると思いますし、そういった明るくて志の高い、そういった人になって欲しいなという風に思います。

ヨッシー

なるほど、ありがとうございます。

続いて次に新入社員に求めることはありますか?

熊代社長

はい、とにかく失敗を恐れないチャレンジですね。

どうしても挑戦には失敗が付き物です。

また失敗を積み重ねて行くことによって成長していきますので。

失敗なくして成長なし。また成功にも結びついて行かないと思いますので。とにかく明るく前向きにチャレンジすることって言うのを求めます。

ヨッシー

失敗を恐れないチャレンジはとっても大事な心がけですよね。

私も日々感じます。

これからどんな会社にしていきたいですか?

熊代社長

我々の事業を通してですね、経営理念でもあるように、笑顔の輪を広げていきたいと思っています。

これは従業員、お客様、取引先はもちろんのこと利害関係者以外の地域社会を元気にしていく。

それから日本、世界中を我々の事業を通して少しでも幸せな人を笑顔の輪を広げていく。

そのためには、事業に関係なく地球の環境の美化であったり、補填であったり、そういうことでもして、そういった社会貢献的な活動もしていっていきたい、そう思っております。

自社で取り組まれていること

ヨッシー

社内での取り組みがあれば教えて下さい。

熊代社長

弊社ですね、活力朝礼というちょっと一般的な朝礼とは違う所というのは「朝礼は社員教育の場」があることです。

この朝礼をする事によって、社風をよりよく改善していこうという所に朝礼に力を入れる事によって明るく朗らかにみんなが仲良くそれから仕事も精一杯力を出し切るという事を朝礼を通じて行なっております。

熊代社長

それから社員の健康ですね。

健康面にも留意をしておりまして、仕事をする上で体の健康というのは非常に重要という事ですのでそういった面から言ってもトレーニングジム施設を社内で設けて自由にそれを使って貰えるような形にしております。

熊代社長

あとそれから福利厚生としては、社員とのコミュニケーション。

旅行であったり、飲み会であったり、風通しのいい会社を作るためにも、様々な取り組みを意識的に作っております。

社員が働きやすい職場づくりを行うために

ヨッシー

社員さんが働きやすい職場づくりとは例えばどういうものをされているのでしょうか?

熊代社長

「自分のやりたい事ができる場がある」そういった自分のやりたい事が叶えられる職場にしていくことですね。

やって努力した分、成果が上がれば、給与も上がるシステムですね。

社内の掃除清掃であるとか、そういった所にも注力しており、3S活動(整理・整頓・清掃)というものを非常に力を入れていて、実施しております。

そういった社員が働きやすい職場にしていくための取り組みを積極的に行っています。

ヨッシー

初代はお父様が会社を運営されており、その後、熊代社長さまが継承されたという事なんですけども、継ぐ前と継いだ後、その中でいろんな出来事があったと思いますが、その当時のお話を伺えればと思います。

例えば、継ぐ前と継いだ後ではどんな違いがあったのでしょうか。

熊代社長

私の父親が先代で創業社長であるんですけど、創業社長で良くありがちなトップダウンですね。

なので自分の耳が痛いというか耳を貸さないなど配慮しなければいけない点がありました。

働いている社員は言っている事だけやって入れば良い。そんな雰囲気でした。

元は大人しい雰囲気だったんですけど、私が社長になってからはトップダウンからボトムアップへ方式に変えました。

できるだけ私の方は「方向性だけ」旗振り役に徹して、どうやるか?だけ社員に考えてもらうように。

それがたとえ遠回りになったとしても自分たちで考えてやるボトムアップ方式に変えてから自ら色んな意見が出てきたり。

非常に明るい職場になってきたり、自分たちで会社を良くしていこうと言う所が芽生えてきているのかなと言う風に思います。

ヨッシー

以前では言われた事をただただするだけ、今では挙手制でやりたい事を実施していくのは若手にもチャンスが広がりますね。

その中でお仕事の方は新卒の方でも振られるんですか?

熊代社長

はい、昨年入社した社員も展示会のリーダーも任したりしました。

あと我々がこれからやっていこうとしている新しい「制御プログラム分野の所を任せていったり、今年入った社員にも新しいサイトを立ち上げて貰ってまして。

カタログ商品だけでなく、特注品に専門サイトなんですけども、そういった所にリーダーとして専任者としてやっていただく事によって、活躍してもらっています。

今後の会社の目標や展望について

ヨッシー

新卒の方でも高度なお仕事を任せて貰えるという所は魅力ですね。

次に「会社を経営していく上で心がけていることだったり、色々問題が起こってしまったり、大変だった事をどうやって乗り越えていったか?」を教えて頂ければと思います。

熊代社長

会社を経営していく上で大事なことは世の中の流れを見ることは注意してみていることです。

本当に世の中のことは変化は激しいのでどういう風に変わっていくのかを見ています。

投資と言う意味では迷わず、自分でやろうと思ったことに関しては思い切って大胆にお金をつぎ込んで投資をしていくということは経営面では心がけています。

大変な事に関しては社員も若いメンバーが多く、経験が浅いメンバーが多いですので、自分が思っている様にはなかなか進まない事はあります。

そもそも社員を育ているというのは忍耐力がいるという風に心得ています。ある程度自分が導いていく忍耐力が必要とされる事なのだと思っています。

ヨッシー

今後の会社の目標や展望があれば教えて下さい。

熊代社長

今、我々製造業というものはこれから非常に厳しい状況に立たされると認識しています。

少子化で国内の市場というのは縮小するだろうと考えています。

その中で我々は製造業ではあるんですが、今まででやってきたB to B、それからB to Cでも使える様な商品を取り扱っていく。

強みを生かしていける戦える土俵でやるかというのをしっかりと考えながら、参入をしていく。

それからもう一つは制御プログラムの分野ですね、IoT(Internet of things)。

我々のメカニック部品にインターネットを繋げる事によって色々な可能性が生まれてくるのではないかと思います。

それから我々が目指すべき会社というのは「アイリスオオヤマ」という会社ですね。

規模は全然違いますが、メーカー機能と問屋機能を持つ会社形態というのは非常に参考になる。

それはいかにお客さまのところに近づいていくかを考えるためには、商社的な部分も併せ持って行くことも大事です。

また安定的な収益を得るための機械の保守メンテナンス事業、またお客さまの現場に入っていって問題発見し、その問題解決する。

そういった保守メンテナンス事業も合わせながらやっていこうと考えております。

ヨッシー

昨年、新卒の方が3名入社され、人材獲得に力を入れている事とは思いますが、人材獲得に関する思いや人材育成にかける思いをお聞かせ貰えたらと思います。

熊代社長

以前先代の方針では「頭数を揃える」という方針で、新卒採用はしてませんでした。

ちょうど6年前から新卒採用をはじめました。それは目先のことではなくて、将来を見据えた人材育成をしていくと新卒採用をはじめました。

やり始めると「新卒」の子は即戦力にはならないけれど、素直で真っ白な子たちなので、我々の会社の色に馴染んでいきやすい。そして新しい風を吹き込んでいく、という点では良いのかなと思います。

また非常に男社会という所でした。どうしても製造業は女性がアシスタント業務という事が多いイメージがあります。

今後は女性ならではの感性を大切にしていきたい。

また海外に行くと、女性管理者は非常に多いにも関わらず、日本の国は諸外国に比べ、女性管理職が少ない。

私は女性をどんどん積極的に採用をしていき、逆に女性が男性に指示する時もくると思います。

なので早めに女性管理職を作っていきたい、と思ってまして現在女性をどんどん増やしております。

人に関してはですね、今の会社に人が余っていようが足りないということでも、この会社にふさわしい合う人がいればどんどん採用していこうと思います。

今はどんどん良い人との出会うがどんどん増えていますので、非常に楽しみな部分です。

ヨッシー

今後の会社を作っていく意気込みを教えて下さい。

熊代社長

色んな可能性にチャレンジしていきたいと思います。

若い人も多いので、世の中にとって無くてはならない、規模は拡大路線に走る訳ではなく規模は小さくても世の中にとって存在感のある会社にしていきたいなと思っております。

それぞれ人は個性があります。

そういった天性、強みの部分を認識して、ここは誰にも負けない部分を伸ばしていけたら良いと、そんな風に考えています。

そこを伸ばして社会で羽ばたく人材になって貰いたいと思います。

ヨッシー

なるほど、個性を生かしながら会社で人間としても成長していって欲しいということですね。

最後に、これから入る就活生に対して一言お願いします。

熊代社長

就活の部分は、ご縁かなと思っています。

一つひとつ、人とひとのご縁を大切に、ぜひして頂きたいなと思っております。

失敗をしてでも必ず自分に相応しい会社というのが見つかると思います。

それは当社かも弊社かも知れませんが、ご縁を大切に自分の直感的な部分を大切にしていって就職活動を続けていってくれたらと思います。

現在募集している職種はこちら

募集職種:設計職・管理系総合職

設計職

仕事内容

お客様からの要望をヒアリングし、オーダーメイド製品を設計します。また、インテリアや家電等の新しい分野に向けたオリジナル商品の設計もお任せしたいと考えています。

管理系総合職

仕事内容

クライアントや協力会社との電話応対、展示会の企画や営業のサポート(見積書のチェック・納品書の封)といった業務を行い、会社のバックヤードを支えます

  • 応募資格:大学院、大学、短大、専門、高専
  • 給与待遇:(一律月給)205,000円
  • 諸手当:時間外手当、通勤手当、皆勤手当、住宅補助(2万円)他
  • 昇給:年1回(4月)
  • 賞与:年2回(7月、12月)
  • 勤務時間:9:00〜17:00(実働:7.0H)勤務地:(本社)大阪府豊中市二葉町2-6-40
  • 最寄駅:
    ■JR東西線「加島」駅より徒歩15分■阪急神戸線「神崎川」駅より徒歩15分
  • 休日:年間休日125日
    ■完全週休二日制、祝日、夏季休暇、年末年始休暇、年次有給、慶弔休暇
  • 保険:各種保険完備
  • 福利厚生:退職金制度有、慶弔金、フィットネスルーム利用可、慶弔利用の方は会社から自転車付与。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。